上越市の養鶏場で鳥インフル発生 県内で今シーズン3例目 殺処分を開始【新潟】

上越市の養鶏場で12日、発生した高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例について、県は13日、遺伝子検査の結果、陽性が確定したと発表しました。

12日、上越市にある採卵用の養鶏場で死んだニワトリの数が増加したと上越家畜保健衛生所に通報があり、簡易検査をしたところ、高病原性鳥インフルエンザの疑いが確認されました。

その後、遺伝子検査を行ったところ、13日朝に陽性が確定しました。

今シーズン阿賀町や村上市に続いて3例目の鳥インフルエンザの発生となります。

この養鶏場では約10万5000羽が飼育されていて、13日朝から殺処分が行われています。

県は養鶏場から半径3キロから10キロ区域内のニワトリや生産物の搬出制限を実施しています。

国内ではこれまで肉や卵を食べたことで鳥インフルエンザが人に感染することは報告されていません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする