寒中なのにまるで春? 札幌は雪が一気にとける 全国的に4月並みの高温続く

寒中なのにまるで春? 札幌は雪が一気にとける 全国的に4月並…の画像はこちら >>
きょう13日も、各地で季節外れの暖かさとなっています。札幌市内では先日、一気に降り積もった雪があっという間にとけて、歩道が見えている所もあります。きょうも全国的に最高気温は3月から4月並みで、あす14日も気温の高い状態が続きそうです。
寒中なのに、そんなに寒くない?

きのう12日に続き、きょう13日も日本列島は季節外れの暖かい空気に包まれています。正午の気温は、九州、中国、四国で15℃前後と、曇りや雨のわりに高くなっています。また、日差しの届いている近畿から東北も10℃を超えている所が多く、東京都心12.2℃、仙台市13.6℃です。札幌市6.6℃で、北海道内でも10℃を超えている所があり、一年の中でも寒い時期である「寒中」なのに、厳しい寒さはありません。一番上の写真は、先日、局地的な大雪に見舞われた札幌市内のようすです。数日前には一気に雪が降り積もったものの、その後の気温上昇により、あっという間に雪がとけたようです。例年ですとこの時期、札幌市内でも歩道は雪に覆われているのが普通とのことですが、きのう12日には歩道が見えていたとのことです。
季節外れの暖かさ いつまで?

きょう13日の最高気温は、3月から4月並みの所が多いでしょう。九州から関東では20℃近くまで上がる所もあり、北陸や東北でも所々で15℃を超える見込みです。北海道でも平年より10℃くらい高い予想で、昼間はダウンコートだと暑いくらいに感じられるでしょう。雪の多く積もっている所では、引き続きなだれや屋根からの落雪、道路の冠水、河川の増水などに注意が必要です。この1月とは思えない暖かさは、あす14日も続く所が多い見込みです。ただ、北海道は寒気が流れ込むため、また寒くなるでしょう。15日頃からは全国的に寒中らしい寒さが戻ってきます。寒暖差が大きくなりますので、体調を崩さないよう、お気をつけください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする