之内すずが市に就任?! – 岐阜県山県市、20周年記念PRドラマ「おしえて! ハタチ市長」公開中

岐県県市はこのほど、4に市制施20周年「ハタチ」になることをきっかけに、「県市 映えプロジェクト」を発。1月12日より、タレントの之内すずをキャンペーンキャラクターに起したPRドラマ「おしえて! ハタチ市」を公開している。

県市は、名古屋駅からで約1時間の清流良川の源流・円原川が流れる、然豊かな町。しかし、「やまがた」と聞くと「形県」を思いうかべるが多いことから、このほど、市制施20周年をきっかけに、「県市 映えプロジェクト」を発。もっと「県市」のことを知ってもらう・好きになってもらうべく、“映えのカリスマ”之内すずさんを招き、「映えプロジェクト」を推進する「ハタチ市」に任命した。

また、同時に、之内さんをキャンペーンキャラクターに起したPRドラマ「おしえて ハタチ市」を制作。ドラマでは、之内さんが市から任命を受け「ハタチ市」に就任。県市・若性職員(役)の「川もっちゃん(川本さん)」とともに映えプロジェクトを推進し、が「映え」を求めて県市を旅する姿が描かれている。

県市職員の「川もっちゃん」が、ハタチ市・之内すずさんと共に県を巡るうちに、之内さんはじめ様々なから刺激を受け、本当の県の魅に気付くという、全4話(各3~7分)のドラマとなっている。

PRドラマ「おしえて ハタチ市」は、112より、山県市のキャンペーン特設サイトおよびYouTubeで公開中。また、「おしえてハタチ市」のInstagramでは、ドラマ撮影時の之内さんの写真や、県市の写真が順次紹介されるという。

なお、1月14日には、名古屋駅 JRゲートタワー1Fイベントスペースにて、「おしえてハタチ市」キャンペーン記念イベントが開催される。之内すずさんや県の景の写真が展されるほか、之内すずさんのオリジナルメッセージが付いた「ハタチ市くじ」企画で、特産品のプレゼントも用意されている。開催時間は10時~17時。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする