店内放送で噛みまくった結果、笑いが堪えきれなくなった女性 結末にニッコリ

スーパーで働く日常を描き、Instagramで人気を集めている、あとみ(yumekomanga)さん。
自身の体験談だけでなく、読者から寄せられたエピソードも投稿しています。
今回ご紹介するのは、とあるスーパーで働く女性がやらかした、ほほ笑ましい失敗談。
女性が働くお店では、特売や日替わりの商品を店内放送で知らせていました。
まだ店内放送に慣れていなかった頃、女性はある失敗をしてしまうのです…。
店内放送中、パプリカがどうしてもいえなくなった女性。
マイクを通して頑張っていおうとチャレンジするも、何度も噛んでしまったために、女性は笑いを堪えきれなくなりました。
お腹を抱えて笑った結果、店長と同僚が怒る…のではなく、笑いながら飛んできたといいます。なんてハートフルな職場なのでしょう!
これには、客も笑いをこらえきれなかった様子。ほかの店員に「パプリカよね?」と、笑いながら話しかけていたようです。
立場を問わず、店内にいた人たちの笑いを誘った女性の『面白放送』が功を奏したのか、その日はパプリカがよく売れたのでした。
女性が笑ってしまった店内放送は、その場に居合わせた人たちの心を和ませただけでなく、売り上げに貢献したのかもしれませんね!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする