集合住宅で倒れていたベトナム人男性(27)が重体に 同居する男(36)を逮捕 名古屋

ベトナム人の男性が部屋で倒れているのが見つかり意識不明になっている事件。同居する男が、殺人未遂の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのはベトナム国籍で名古屋市港区の技能実習生、グエン・アイン・ニャット容疑者(36)です。
集合住宅で倒れていたベトナム人男性(27)が重体に 同居する…の画像はこちら >>
警察によりますと、グエン容疑者は11日午後8時半ごろ、自分が住む集合住宅の部屋で、同居する技能実習生で27歳のベトナム人男性の肩のあたりを刃物で刺した殺人未遂の疑いがもたれています。
男性は意識不明の重体です。
CBC
取り調べに対してグエン容疑者は「けがをさせたことは間違いないが、刺していないし、殺すつもりもなかった」と容疑を否認しています。
2人は会社の同僚で、もう一人のベトナム人男性と3人で住んでいました。
警察は2人の間に何らかのトラブルがあったとみて調べを進めています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする