死亡受刑者に「暴行・拘束の痕」=名古屋刑務所、遺族が調査求め

名古屋刑務所で昨年3月、男性受刑者=当時(71)=が死亡し、遺体に暴行や拘束されたような痕があったと…[記事全文(外部ページを表示します)]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする