「男性が溺れている」知人が発見 素潜り漁をしていた漁師死亡 沖縄・渡嘉敷島沖

9日午後9時5分ごろ、沖縄・渡嘉敷島惑涯岬の約500メートル沖合で「男性が溺れている」と119番通報があった。
那覇海上保安部によると、素潜り漁をしていた渡嘉敷村の漁師の男性(62)が心肺停止の状態で診療所に搬送されたが、約1時間20分後に死亡が確認された。死因は調査中。
ともに素潜り漁をしていた知人の男性が、海面にうつぶせで浮いている男性を発見した。
「男性が溺れている」知人が発見 素潜り漁をしていた漁師死亡 …の画像はこちら >>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする