中国政府のビザ発給停止受け、松野博一官房長官「一方的に行ったことは極めて遺憾」

松野博一官房長官は11日、官邸で記者会見を行い、中国政府が日本人などを対象に新規のビザ(査証)発給業務を停止したことを受け、「中国側に対して抗議するとともに措置の撤廃を求めた」と明かした。
松野氏は「我が国はコロナ対策を目的とし、可能な限り配慮して水際対策を実施している一方で、中国はコロナ対策とは別の理由で査証発給を一方的に行ったことは極めて遺憾だ」と述べた。
中国では北京や上海など都市圏だけでなく、地方においても新型コロナの感染者数が急増している。この状況を踏まえ、日本政府は先月より、中国からの入国者に対して、陰性証明書の提出などの臨時措置を実施しているが、中国側は「差別的な入国制限だ。中国に対して入国制限措置を取ることに断固反対し、相応の措置をとる」との考えを示している。
松野氏は、今後の対応については「中国の感染状況や中国側による情報開示の在り方を見つつ、適切に対応していくということです」と述べるにとどめた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする