子ども食堂の“みそづくり体験”に大豆20kgを提供-パルシステム埼玉

生活協同組合パルシステム埼玉は1月14日、NPO法人チアーズが「古民家カフェ 藍」(さいたま市緑区原山)で開催するみそづくり体験のイベントに大豆を提供する。

NPO法人チアーズは、多様な事情を抱えて暮らす地域の人たちを応援するため、毎週土曜日に古民家カフェ藍で「さいたま子ども食堂」を運営している。みそづくり体験は、家庭の経済状況などにより、多様な体験の機会を得にくい子ども達への食育を提案するために実施する。

みそづくり体験では、子ども食堂の利用者などを中心に、ふだん食べているみそができあがるまでの過程をいちから体験できる。パルシステム埼玉は、みその材料となる大豆20kgを提供する。

パルシステム埼玉では、2021年5月に同団体が開催した「梅干しづくり教室」でも、梅15kgを提供した。2019年9月から、生活困窮世帯の子どもたちを支援する埼玉県子ども食堂ネットワークと彩の国子ども・若者支援ネットワークにも、産直青果を寄贈している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする