南魚沼市で住宅火災 1人死亡 火元の家に住む83歳男性と連絡とれず【新潟】

10日未明、南魚沼市で住宅を焼く火事があり、焼け跡から一人の遺体が見つかりました。警察が身元の確認を急いでいます。

10日午前1時すぎ、南魚沼市五日町の小林定さん(83)の住宅で「2階からにおいがするので目を覚ましたら燃えていた」と妻のユキエさんが消防に通報しました。

消防車両8台が出動し、火は約3時間後に消し止められましたが、小林さんの2階建ての住宅が焼けました。

この火事で2階の和室から男性の遺体が見つかったほか、ユキエさんがのどの痛みを訴えて病院に運ばれました。

火事のあと小林さんと連絡が取れなくなっていて、警察は見つかった遺体の身元の確認を急ぐとともに消防と実況見分をして火事の原因を調べています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする