「呼吸できているのが不思議」 綿あめを初めて食べた2歳児 感動のあまり、まさかの姿に

みなさんは最近、人生で初めて食べたものはありますか。
大人になるにつれ『初めて食べる』はなかなか経験し難いですが、想像を超えた味と出会った時はつい感動してしまいますよね。
幼い息子さん2人を育てる、田口ナツミ(@NatsuTagu)さんがTwitterに投稿したエピソードをご紹介します。
田口さんの2歳の息子さんは、ある日、初めて綿あめを食べたのだとか。
甘くてフワフワで、口に入れた瞬間に溶けてなくなる綿あめは、多くの子供が好みやすい食べ物です。
息子さんの反応もまた、想像を裏切らない愛らしさでした。
人生で初めて綿あめを食べて感動してる2歳児 pic.twitter.com/lDyYWW8Bti
息子さんは、顔面をくっつけるほど、綿あめの味に感動…!
好みの味だったのか、口に入れた瞬間に消えてしまうのが不思議なのか、顔全体で綿あめを堪能しているようです。
別アングルの写真がこちら。綿あめに刺さった棒など気にもとめず、素手でつかんで食べていますね。
写真には「大きさが一緒」「呼吸できているのが不思議」「おいしいよね~」などの声が寄せられています。
息子さんはまだ2歳とあって、おいしい食べ物や楽しい体験をこれからいくつも経験し、大人への階段を登っていくのでしょう。
顔や手がベタベタになってもお構いなしに、綿あめを食べ進める息子さんの姿は、多くの人を笑顔にさせました!
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする