「女の子が殴られ 口から血を流している」と通報 拳で殴った疑いで女子高校生(18)逮捕 2人は中学の同級生

8日、岐阜県関市の路上で、中学時代の同級生の女性を拳で殴った疑いで、18歳の女子高校生が逮捕されました。
傷害の疑いで逮捕されたのは、岐阜県大垣市に住む高校3年の18歳の女子高校生です。
岐阜県警によりますと、女子高校生は8日午後1時半ごろ、岐阜県関市小瀬(おぜ)の路上で、関市に住む18歳の女性を拳で数回殴るなどし、顔にけがをさせた疑いがもたれています。
女性は、くちびるを切る軽いけがをしました。
現場を通りかかった20歳の男性から「女の子が人に殴られ、口から血を流している」と110番通報があり、警察が被害者の女性から事情を聞いた上で、女子高校生を割り出し、9日午前 逮捕しました。
2人は中学時代の同級生で、警察の取り調べに対し、女子高校生は容疑を認めているということです。
警察は、なぜ2人が路上で会っていたのか、なぜ拳で数回殴ることになったのかなど、動機や経緯を詳しく調べています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする