「飛び散りそうだから押さえてくれ」放尿介助を懇願した69歳エロ爺さんの卑劣手口

「おしっこが飛び散りそうだから、押さえて欲しい」
エロ爺さんは、初めて訪れた病院の女性職員にこうお願いしていた。
両手首にケガをしたように装って40代女性に下半身を触らせたとして、広島県三次市の無職、横村孝則容疑者(69)が5日、準強制わいせつの疑いで県警三次署に逮捕された。
横村容疑者は昨年7月1日午前10時45分ごろ、自宅から少し離れた三次市内の病院を車で訪れた。受付で「先にトイレに行きたいのだが、両手をケガしているので自分1人ではできない。介助して欲しい」と申し出た。
本来、そんな「サービス」はしていないが、女性職員2人が横村容疑者のケガの状態を気遣い、多機能トイレまで案内。2人にズボンと下着を脱がせてもらった横村容疑者は便座に腰かけ、「おしっこが飛び散りそうだから、押さえてくれ」とイチモツに手を添えさせ、何の躊躇もなく、そのまま放尿した。
■ケガをしたハズの手を振りながら…
多目的トイレから出た横村容疑者は受付には寄らず、女性職員に「車に診察券を忘れたので」と伝えると、ケガをしているハズの手を振りながら出入り口へと向かった。結局、名前も告げず、健康保険証や診察券も提示せず、「用」だけを済ませてサッサとその場を後にすると、病院に戻ることはなかった。
「ケガをした患者を気の毒に思い、進んで手を貸したというのに、ダマされた女性職員がかわいそうで仕方ありません。病院内には防犯カメラがなかったため、捜査は難航したが、同様の手口の犯行がなかったか、周辺の病院などで聞き込みを重ねたら、似たような事件が次々と判明した。犯人の名前が割れ、本人名義の車が病院の駐車場から出ていく画像が路上のカメラに残っていた。さらに男の性器を触ったゴム手袋をDNA鑑定したところ、横村のものと一致した」(捜査事情通)

調べに対し、横村容疑者は「間違いない」と容疑を認めているという。
「あの人は一度も結婚せず、変わっているといえば、変わっているかな。数年前まで道路の警備など工事関係の仕事をしていました。以前は一緒に暮らしていたお父さんとケンカが絶えなかったが、福祉施設に入れてからは、何もせずに1人でずっと家にいた。きちょうめんな性格みたいで、家の中はいつもきれいにしていましたよ。同じような行為を何度もしていたのですから、性癖じゃないんですか。近所付き合いはあったけど、ささいなことですぐに怒るし、何かあると文句を言ってくるから、ある意味、トラブルメーカーだったが、こんな性癖があったなんて初めて知った」(近隣住民)
下手な芝居まで打ってあちこちで尿をまき散らすとは、呆れた爺さんだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする