11月実質賃金 8年半ぶりの下げ幅 物価上昇に追いつかず3.8%減少

2022年11月の実質賃金は3.8%減り、8年6カ月ぶりの下げ幅となった。 物価高に、賃金の伸びが追… 記事全文(外部ページを表示します)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする