チャールズ国王、ヘンリー王子出産の故・ダイアナ妃へ「任務完了」…王子が回想録「スペア」で綴る

英王室を離脱し、米カリフォルニア州に移住したヘンリー王子が、亡き母ダイアナ妃へ父チャールズ国王が衝撃的な言葉を放ったと主張していると、英メディアが伝えた。
英ガーディアン紙の報道によると、同紙は現地時間10日に発売予定のヘンリー王子の回想録「スペア」のコピーを入手。同書内でヘンリー王子は自身が誕生した際、チャールズ皇太子(当時)がダイアナ妃に「素晴らしい!後継者とスペアまでできた。任務完了だ」と言ったとされる話を記しているという。他にも兄であるウイリアム王子から肉体的暴力を受けた話など驚愕のエピソードも次々と明らかになってきている。
サセックス公爵であるヘンリー王子は2018年に結婚した米女優だったメーガン妃とともに2020年に英王室を離脱している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする