月亭方正の穏やかな正月 娘が作った『リンゴ飴』が失敗していて?

2006年から15年間放送された、バラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の特別番組『絶対に笑ってはいけない』シリーズ。
番組休止後も、年末年始には同シリーズの放送を望む声がSNSに投稿され、いまだ衰えぬ人気の高さを物語っています。
『絶対に笑ってはいけない』シリーズに出演し、身体を張った笑いを提供してきた、タレントで落語家の月亭方正さん。
2023年の正月は、3児の父親として家族とレゴを楽しむなど、おだやかに過ごしていたようです。
娘さんがリンゴ飴を手作りすると、方正さんは実食する様子をTikTokに投稿。
薄い飴が果実全体を覆い、食べるとパリパリと音が鳴るのが、リンゴ飴の特徴なのですが…。
方正さんがかじりついたリンゴを覆うのは、キャラメル状になった、弾力のある飴。
どうやら娘さんは、リンゴ飴作りに失敗してしまったようです!
動画を投稿する際、方正さんは「リンゴはめちゃおいしい」とのハッシュタグをつけました。
なんともいえない表情を浮かべつつもリンゴ飴を食べる姿に、人々は笑顔になったようです。
・娘さんが作ったものならなんでも食べそう。絶対にいいパパじゃん!
・娘さんに作ってもらって嬉しそうだ。
・方正さんが元気で何より。こっちまで笑顔になった。
・『絶対に笑ってはいけない』が年末年始に観たくてたまらない。でも今年もビンタされず、よかったですね!
おだやかな雰囲気の動画から、方正さんの人柄のよさが、改めて多くの人に伝わりました。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする