けが乗り越え初の箱根路、東京国際大・川端 5区で終盤失速も「また走りたい」 福崎出身の3年生

2日の箱根駅伝で、東京国際大3年の川端拳史(福崎西中-須磨学園高出)が初出場し、標高差800メートル… 記事全文(外部ページを表示します)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする