「心の片隅に留めていただいて いつの日か解決を」三重の雑誌記者 辻出紀子さん(当時24)不明から24年 両親らが呼びかけ

行方不明からきょうで24年。両親らが情報提供を呼びかけました。「心の片隅に留めていただいて いつの日か解決を」三重の雑誌記…の画像はこちら >>
CBC
三重県津市の雑誌記者、辻出紀子(つじで・のりこ)さん(当時24)は、24年前の11月24日、勤務先の三重県伊勢市の出版会社から帰宅する途中、車を会社近くの駐車場に残したまま、行方不明になりました。
警察は、のべ3万5500人を動員し捜査してきましたが、今も有力な情報は得られていません。
CBC
24日辻出さんの両親と警察官およそ15人が、伊勢市内のショッピングモールでマスクの入ったチラシを配り、情報提供を呼びかけました。(母・美千代さん・73歳)「皆さまの心の片隅にでも辻出紀子のことを留めていただいて、いつの日か解決に結びつく日が来ることを願っています」
CBC
警察は、些細なことでも積極的に情報を寄せてほしいと話しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする