看護師免許がないのに免許偽造し訪問看護 報酬約153万円をだまし取ったとして67歳の女を逮捕

看護師免許を偽造。訪問看護をして報酬をだまし取ったとして女を逮捕です。(記者)「看護師免許を偽造していた女が、警察署へ入っていきます」逮捕されたのは、名古屋市中区の自称・介護福祉士宗田澄江容疑者(67)です。

警察によりますと、宗田容疑者は看護師の資格がないのに偽造した看護師免許を使って、名古屋市天白区の介護福祉関連会社と雇用契約を結び、ことし3月から9月にかけて訪問看護などを行った報酬、およそ153万円をだまし取った偽造有印公文書行使などの疑いがもたれています。
調べに対し宗田容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めているということです。

警察は、宗田容疑者が医療行為を行っていたかなどについても調べる方針です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする