冬は流れで排泄する“流雪溝”に川を利用…放流されている鯉を近くの池に移す引っ越し作業 岐阜・飛騨市

岐阜県飛騨市で、川に放流されている鯉を冬の間、近くの池に移す引っ越し作業が行われました。

飛騨市の白壁土蔵が連なる瀬戸川では、23日朝、地元の観光協会の職員や中学生のボランティアなど30人が川に入り、体長80センチほどの大きな鯉などを網ですくい、軽トラックの荷台の水槽に入れていきました。

瀬戸川には約1000匹の鯉が放流されていますが、冬の間、雪を投入して川の流れで排雪する流雪溝として利用されるため、毎年この時期に引っ越し作業が行われています。

引っ越し作業は23日中に完了し、鯉は近くの池で来年春の雪解けを待ちながら過ごします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする