【千葉魂】吉井マリーンズ始動 対話重ね才能引き出す 千葉ロッテ

一晩考え抜いた。10月31日、宮崎で行われた秋季教育リーグ(みやざきフェニックス・リーグ)最終日。最後に何を話すか。試合後の選手たちによるミーティングが終わると吉井理人監督が選手たちの輪の真ん中に立った。
「今の気持ちを忘れないでほしい。君たちはすごい可能性を持っている。これから、突き抜ける活躍ができる選手たち。自分の可能性に大いに期待してこのオフシーズン、何をしたらいいか。いろいろあると思うけど、しっかりと優先順位を決めて、自分たちで考えて行ってほしい。頼みます」
吉井監督は優しい表情で若い選手たちの目を見つめながら、話をした。新しい指揮官は10月7日に就任を発表すると2日後には宮崎に飛んだ。フェニックス・リーグに参加をしているのはこれからの活躍が期待できる若い選手ばかり。一日も早く若い選手たちとじかに触れ、会話を重ねたかったからだ。
□ ■ □
最初に出した指示はプレーではなくミーティング。これまではコーチたちが試合の総評を行い、問題点などを選手たちに指摘していたが、これを変更。プレーをした選手が、その日、気が付いたこと、思ったことを話し、お互いで指摘し合いながら進める形とした。最初はまだ硬さがあったが、日を重ねるごとに徐々に活発に意見交換が行われるようになった。若い選手が遠慮することなく年上の選手に判断ミスなどを指摘する場面もあった。選手たちには自分で考える力を身につけて成長をしてほしい。明確なメッセージだった。

「今回、フェニックス・リーグでみんなに話をしてもらって、振り返ってもらった。コーチに言われる反省と自分で考える反省とでは違いがあったと思う。何かを感じていると思う。これからも、こういう風に自分でいろいろな事を振り返って、考えてほしい。プレーをしている時の気持ちまで振り返ってほしい。そうすればいろいろな事に気が付くと思うし、コーチが言っているいろいろな事も耳に入ってくると思う。自分一人でもできると思うのでシーズン中も続けてほしい」
□ ■ □
手応えを感じた指揮官は考える力の大切さを力説しミーティングを締めた。吉井マリーンズが掲げるのは対話。そこには監督、コーチと選手という日本独特の格差は排除していきたいと考える。首脳陣から指示されて動く形ではなく、自分たちで考えてよりよい形を目指してほしいと願う。そしてできる限り対等の立場で話し合い、物事を進めていこうと考える。だから常にフェニックス・リーグ期間中は若い選手たちと会話を重ねた。プレーの話もあれば、たわいもない話もあった。そのすべてに耳を傾け、時には笑い、一緒になって盛り上がった。
新生マリーンズがスタートした。5位からの巻き返し。そのためには若い力の底上げは絶対に必要だ。対話の中からダイヤの原石を見つけ、磨いていく。まずはその作業から始めた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする