無免許運転で横断歩道の男性はね死亡させる 三重・四日市市

三重県四日市市で無免許で車を運転し、横断歩道を渡っていた男性をはねて死亡させたとして会社役員の男が逮捕されました。逮捕された四日市市の会社役員内田勇美容疑者(62)は21日午後5時20分ごろ、四日市市三重の市道で無免許で軽乗用車を運転し、横断歩道を渡っていた70歳くらいの男性をはねた疑いがもたれています。
無免許運転で横断歩道の男性はね死亡させる 三重・四日市市の画像はこちら >>
男性は全身を強く打ち病院に搬送されましたが死亡が確認されました。内田容疑者は警察の調べに容疑を認め、「免許の取り消し処分になっていた」と話しているということです。警察は容疑を無免許過失運転致死に切り替えて捜査する方針です。
CBC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする