赤穂四十七士、間家伝来の遺品 子孫の男性が大石神社に寄贈 喜兵衛の短冊や脇差し約20点

赤穂四十七士の間喜兵衛(はざまきへえ)が吉良邸討ち入りの際、やりの柄に付けていたと伝わる自筆の短歌の… 記事全文(外部ページを表示します)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする