はま寿司で「九州・瀬戸内まつり」! 活〆かんぱちに牡蠣握り、ブランド和牛握りも

はま寿司は11月22日、「はま寿司の九州・瀬戸内まつり」を全国の100円寿司チェーン「はま寿司」店舗で開始する。商品はなくなり次第終了。

フェア期間中は、程よい脂のりと引き締まった身の「九州産活〆かんぱち」、 脂がのった「九州産生さば」 、香ばしい風味の「鹿児島県産 藁焼き鰹たたき」、2種類のシラスを食べ比べできる「瀬戸内産しらす食べ比べ(釜揚げしらす・ 生しらす)」を、それぞれ1皿110円で販売する。

そのほか、ジューシーで濃厚な味わいの「広島県産 牡蠣握り」(165円)、ふっくらとした身の「玄界灘産天然活〆穴子の天ぷら握り」(165円)、 脂のりのよい「下関産 炙りのどぐろ」(319円)も販売。

肉質等級最上ランク・ 5等級の「ブランド和牛握り」は、佐賀牛・宮崎牛を用意。「ブランド和牛握り(佐賀牛握り)」(319円)、「ブランド和牛握り(炙り佐賀牛握り)」(319円)は、関東・関西地域の店舗限定で販売する。

「ブランド和牛握り(宮崎牛握り)」(319円)と「ブランド和牛握り(炙り宮崎牛握り)」(319円)は、北海道・東北・北陸・東海・中国・四国・九州・沖縄 地域の店舗限定で販売。

サイドメニューとして、サクサクの衣とフワフワした身の「長崎県産アジフライ(タルタルソース)」(220円)を販売する。

※一部店舗は価格が異なる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする