声優・梁田清之さんが逝去、57歳 「まだ若いのに…」「スラムダンクのゴリ、大好きだった」

2022年11月21日、声優の梁田清之(やなだ・きよゆき)さんが亡くなっていたことが分かりました。57歳でした。
梁田さんの友人で声優、真殿光昭(58)が同日にツイッターで発表。
「友人の梁田清之君が逝去されました。彼はフリーだったため奥様の御意向により、僕が代わってここに声優業界関係者の皆様並びに彼のファンの皆様にご報告させて頂きます。線香をあげ、弔わせて頂いた今でも信じられない思いですが、心より梁田君のご冥福をお祈りさせて頂きます」(原文ママ)とつづった。
サンケイスポーツ ーより引用
梁田さんは、1993年10月から1996年3月まで放送されていたテレビアニメ『SLAM DUNK』(テレビ朝日系)で、赤木剛憲(あかぎ・たけのり)を演じていました。
また、2004年から放送されていたアニメ『BLEACH』(テレビ東京系)では握菱鉄裁(つかびし・てっさい)役を、2006年放送のアニメ『BLACK LAGOON The Second Barrage』(フジテレビ系・テレビ朝日系など)では松崎銀次役を演じるなど、数々の作品に参加していました。
梁田さんの訃報を発表した、真殿さんの投稿には、ファンのみならず、多くの声優仲間からも惜しむ声が寄せられています。
・言葉になりません。とても残念です。今はただ、梁田さんのご冥福をお祈りするばかりです。
・まだまだお若いのに。驚きと悲しみで、うまく言葉にできません。
・57歳か…。梁田さん、早すぎます。さびしいなあ。
・アニメ『SLUM DUNK』では、真面目な場面もギャグのシーンも、イメージする赤木剛憲そのものでした。残念でなりません。
梁田さんのご冥福をお祈りいたします。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする