“求刑上回る判決”言い渡す…車で信号無視し小学生2人はねて死傷させた罪 52歳男に禁固5年の実刑判決

名古屋市瑞穂区で今年3月、赤信号を無視して車で小学生2人をはね死傷させた罪に問われている男に、求刑を上回る禁錮5年の実刑判決が言い渡されました。

名古屋市千種区の無職・藤川幹人被告(52)は、ことし3月、瑞穂区の交差点で赤信号を無視して車で小学生2人をはね、3年生の女の子(当時9歳)を死亡させ、4年生の女の子(当時10歳)に大ケガをさせた罪に問われ、起訴内容を認めていました。

これまでの裁判で、検察側は「爪切りの爪を捨てるなど、わき見運転の理由が悪質」などとして禁錮4年6カ月を求刑。弁護側は執行猶予付きの判決求めていました。

22日の判決で、名古屋地裁は「前途ある尊い生命が奪われた結果は重い」「求刑は遺族や被害者の苦痛や処罰感情を十分に反映していない」として、求刑を上回る禁錮5年を言い渡しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする