目撃情報あった公園近くに“保育園”…イノシシ出没で登園に付き添う保護者から不安の声「抱きかかえて歩く」

名古屋市で20日から相次いで野生イノシシが出没していることを受け、目撃情報があった地域の保育園では、保護者から不安の声が上がりました。

名古屋市東区矢田の木ヶ崎公園では、21日午後5時過ぎにイノシシが目撃され、22日午前中にかけて公園への立ち入りが一時規制されました。

公園近くの「やだ保育園」では22日朝、登園に付き添う保護者から不安の声が上がっていました。

保護者:
「(子供を)抱きかかえて歩かせるようにした方がいいかなと思います。急に出てきたら怖いので」

別の保護者:
「できれば穏便に山に返してあげられるといいなと思います」

警察によりますと、イノシシは21日夜7時頃の尾張旭市内からの通報を最後に目撃したという通報はなく、愛知県や名古屋市は見つけても近づかないよう注意を呼び掛けています。

※画像は視聴者撮影

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする