アーバンイノシシが名古屋に出没 各地で警戒が続く 川を泳いで渡って移動した?

その名も「アーバンイノシシ」。名古屋市内で体長1メートルほどのイノシシの目撃情報が相次ぎ、警戒が続いています。
アーバンイノシシが名古屋に出没 各地で警戒が続く 川を泳いで…の画像はこちら >>
きのう(21日)、2頭のイノシシが目撃された名古屋市東区の寺。お墓参りに来て遭遇した親子は…。
CBC
「まさか自分たちが遭遇するなんて思わなくて。大きいイノシシが、こっち見た時は『来ないでくれ~』と」
CBC
境内にはイノシシが掘ったとみられる穴や足跡らしきものが見つかりました。
CBC
CBC
最初の目撃情報は、おととい(11月20日)日曜日の午後。名古屋市守山区の矢田川の河川敷で「イノシシを目撃した」と110番通報があり、駆けつけた警察官が2頭のイノシシを発見しました。近距離で対峙し、にらみ合う両者。
CBC
そして警察官がイノシシに銃を向け大声で威嚇。イノシシは草むらに隠れました。この直前、1頭が近くにいた10人ほどの集団に突進してきたということです。
CBC
午後8時半頃には隣の北区でも…、道路の中央分離帯に2頭のイノシシが。撮影した人によりますとイノシシは、この後住宅街の方に姿を消したということです。名古屋市東区では。
CBC
(報告:下和田歩記者)「きょうは、この公園が立ち入り禁止になっています」
CBC
きょう(22日)も名古屋市の職員らが目撃された公園を中心に警戒にあたりました。さらに名古屋の都心部の住宅街でも目撃情報が。守山区に隣接する尾張旭市でも2頭が目撃され、市の教育委員会は全ての小中学校に注意喚起をするよう通知しました。
CBC
イノシシは一体どこから現れたのか。考えられるのが名古屋市東部の山の中で暮らしていたイノシシがエサを求めて人里にやってきたことですが、守山区から北区に入るには矢田川を渡る必要があります。
CBC
橋は車や歩行者が多いため、警戒心が強いイノシシが使うのは考えにくく、川を泳いで渡ることになりますが。これは三重県鳥羽市の離島、答志島に泳いで渡るイノシシの映像。イノシシの生態に詳しい奈良大学の高橋春成名誉教授に聞いたところ、「矢田川の川幅であれば泳いで渡る能力はある」とということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする