河川敷で野球等していた10人程に突進…名古屋で“野生のイノシシ”2頭出没 駅周辺でも目撃されその後不明

名古屋市守山区などで20日、野生のイノシシ2頭が出没しました。イノシシはその後見つかっておらず、市は注意を呼び掛けています。

河川敷のグラウンドを悠然と歩く2頭のイノシシ…。

(リポート)
「イノシシが現れた現場は、週末になるとたくさんの子どもたちが遊びに来るということです」

20日午後2時半すぎ、名古屋市守山区小幡宮ノ腰の矢田川河川敷でイノシシが見つかり、近くで野球などをしていた10人ほどに突進しました。

駆け付けた警察官(36)が拳銃を構えて「撃つぞ」と威嚇したところ、イノシシは逃げて行きました。発砲はせずケガ人もいませんでした。

逃げたイノシシは体長1メートルほどで、およそ4時間後には北区の大曽根駅周辺でも目撃されましたが、その後は見つかっておらず、名古屋市は見つけても近づかないよう注意を呼び掛けています。

※画像は視聴者撮影

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする