市民病院職員の女を逮捕 物品の購入をめぐる背任行為 142万円相当の損害を与えた疑い 三重

三重県の松阪市民病院の職員の女が、物品を購入する際に病院に損害を与えたとして逮捕されました。
市民病院職員の女を逮捕 物品の購入をめぐる背任行為 142万…の画像はこちら >>
逮捕されたのは松阪市民病院呼吸器センター事務員の岡本貴江容疑者(37)です。
CBC
CBC
名古屋地方検察庁特別捜査部によりますと、岡本容疑者は、ことし3月上旬ごろから5月までの間に、病院の物品を購入する際に岡本容疑者が実質的な代表を務める組織を仲介させて金額を跳ね上げ、病院に142万円相当の損害を与えた背任の疑いが持たれています。
CBC
物品の購入額は本来なら62万円ほどですが、病院は約204万円を岡本容疑者の共犯者の口座に振り込んでいました。名古屋地検特捜部は岡本容疑者の認否を明らかにしていません。
CBC
松阪市の竹上真人市長は「今後、事実関係など詳細を調査し厳正に対処する所存です」とコメントしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする