やっぱりステーキが「いつでも朝ごはん」1号店 夜も食べられるメニューとは?

「やっぱりステーキ」の全国展開で知られるディーズプランニング(那覇市、義元大蔵社長)は19日、那覇市松尾の国際通り沿いに「いつでも朝ごはん」1号店をオープンさせた。午前7時~午後7時の営業時間中、いつ来店しても体に優しい「朝ご飯」が食べられるのがコンセプト。
ゆし豆腐、ぼろぼろジューシー、タコライスといった沖縄の料理を薄めの味付けで提供する。
ステーキのほか、唐揚げや焼き肉など多様な飲食店を運営する同社の8業態目の店舗となる。
国際通りには早朝から開いている飲食店が少なく、午前の航空便で帰る観光客や出張者らのニーズを見込む。
メインの料理に小鉢などが付いたセットメニュー価格は1100~1400円。バタフライピーやハイビスカスティーなど「うちなー茶」のドリンクバー、ジェラートなどのデザート、アルコールもあり、散策途中の休憩を兼ねた来店も呼びかけている。
義元社長は「朝に限らず、昼でも夜でも優しい沖縄の味を楽しんでほしい」とPR。県外展開や既存店舗との併設運営も見据えている。
やっぱりステーキが「いつでも朝ごはん」1号店 夜も食べられる…の画像はこちら >>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする