国内初「車を自動で運ぶ駐車場」実証フェーズ2へ スマホで入庫~出庫まで全自動!?

車庫入れ? 勝手にやってくれますよ。
三菱重工業と三菱重工機械システムは2022年11月18日(金)、千葉の酒々井プレミアム・アウトレットにて「車両搬送用AGVロボットによる自動バレーパーキング実証試験」のフェーズ2を開始したと発表しました。
国内初「車を自動で運ぶ駐車場」実証フェーズ2へ スマホで入庫…の画像はこちら >>車両を自動運搬する自動バレーパーキングのイメージ(画像:三菱重工業)。
同アウトレットでは6月より、国内の商業施設としては初となる自動バレーパーキングの実証実験を行っています。かんたんにいうと、ロボットが駐車車両を運搬、駐車し、出庫まで移動で行ってくれるというものです。
利用者はバースと呼ばれる施設に“車両を乗り捨てる”感覚で駐車。その後はロボットが駐車エリアへ車両を自動搬送します。限られた駐車エリアを効率的に利用し、収容効率をアップさせるだけでなく、駐車場内の事故や車上荒らしを防止するといいます。利用者が帰る際は、スマホアプリで出庫予約を行い、その時間に合わせて車両をロボットがバースまで自動搬送します。
フェーズ2の実験では、新たに開発したスマートフォンアプリを導入し、入庫・車両搬送・駐車・出庫の全過程を無人で実行するとのこと。なお、アウトレットの関係者駐車場を利用し、施設関係者の車両を対象として実施します。
ちなみに、車両運搬は車両を自走させるのではなく、伸縮する運搬用台車を装備したロボットが車体の下から台車に車両を載せて運ぶため、車両の鍵はかけたままでOK。フランスのベンチャー企業、スタンレーロボティクス社の車両搬送用AGV(Automated Guided Vehicle)ロボット“Stan”を用いています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする