ファミマの弁当どう変わる? 沖縄に新工場 製造ライン一新、1日8万~10万食

食料品製造のジーケイフーズ(沖縄県宜野湾市、具志堅正秀社長)と沖縄ファミリーマート(那覇市、野﨑真人社長)は18日、うるま市州崎に沖縄ファミマ専用の食品工場を新設したと発表した。12月から本格稼働する。具志堅社長は「将来に備えて最新の設備を導入した。従業員一同、業務にまい進したい」と話した。
現在のジーケイフーズの宜野湾工場は、沖縄ファミマの指定工場として弁当や総菜、おにぎり、サンドイッチなど1日に約4万~5万食を製造している。
うるまに新設する際、県内で初めて農業競争力支援法に基づく事業再編計画の認定を受け、沖縄振興開発金融公庫と沖縄銀行から融資を受けた。
新工場の建築面積は約2894平方メートルで、現工場の約2倍。製造ラインを一新し、1日当たり8万~10万食の製造ができるという。
18日に新工場の見学会を開き、最新の連続式炊飯器や国内で3台しかないという加熱攪拌(かくはん)機、肉や魚などの水分の蒸発を押さえてふっくら仕上げる加熱水蒸気オーブンなどを披露した。
沖縄ファミマの野﨑社長は「沖縄で一番いい工場ができた。さらにおいしい商品が届けられるようになる」と期待した。(政経部・知念豊)
ファミマの弁当どう変わる? 沖縄に新工場 製造ライン一新、1…の画像はこちら >>

食品工場新設を発表するジーケイフーズの具志堅正秀社長(中央)と沖縄ファミリーマートの野﨑真人社長(左隣)ら関係者=18日、うるま市

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする