稲から育てる活動など食育に取り組む…愛知の保育園に福井のブランド米「いちほまれ」贈呈 給食で園児らに

食育に取り組む愛知県長久手市の保育園に、福井県のブランド米が贈られました。

アインながくて保育園では16日に贈呈式が開かれ、JA福井県からブランド米の「いちほまれ」およそ130キロが贈られました。

この保育園では、子供達がバケツに稲を植えて一から育てる活動など食育に取り組んでいて、今回は生産者や消費者の暮らしを応援するJA福井県のキャンペーンの一環で贈呈されました。

アインながくて保育園の園長:
「食事の楽しさだったり、育ててくれている人がいることへの感謝の気持ちを持つことだったり、少しでも残食を減らすことを伝えていきたいと思います」

贈呈された米は、保育園の給食で子供たちに振舞われます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする