ハイウェイを集団ランニング!? 米海兵隊総司令官も参加したイベントに賛否両論

担当責任者は関係各所への調整大変だったかと……。
アメリカ海兵隊のトロイ・E・ブラック最先任上級曹長は2022年11月10日、約200人もの兵士らが整然と隊列を組んだまま集団でハイウェイをひたすら走る様子を公式ツイッターで公開し、注目を集めました。
ハイウェイを集団ランニング!? 米海兵隊総司令官も参加したイ…の画像はこちら >>ハイウェイの車道を隊列組んで走る海兵隊員(画像:アメリカ海兵隊)。
説明によると、これは海兵隊のバースデーランで、アメリカ海兵隊総司令官デビッド・H・バーガー大将を迎えて行ったとのこと。アメリカ海兵隊は独立戦争中の1775年11月10日に設立され、今年で247年を迎えます。それを記念し、首都ワシントンDCからアーリントン墓地近傍まで約6kmの道のりを皆でランニングしたといいます。
アーリントン墓地の北側には、硫黄島の摺鉢山に星条旗(アメリカ国旗)を掲げる海兵隊員をモチーフにした記念碑が設置されています。そこを目指したようで、別のツイートでは記念碑の前で兵士らに訓示する総司令官の姿が動画に収められていました。
とはいえ、このような形でハイウェイを使用したことについてはアメリカ人も賛否両論のようで、「海兵隊よ誕生日おめでとう」「とても誇りに思う」というコメントがある一方、「後方の通勤者全員が、この道路が混雑して仕事に遅れそうになるということを事前に知らされていたとお思いですか?」「これは実に最悪」「あなたたち他の場所でそれできなかったの」「職場に遅刻し、仕事を失ったらと想像してください」などといった辛辣なコメントもありました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする