FC琉球の上原慎也が引退 札幌や琉球などプロ14年で306試合に出場 19日に会見

FC琉球は15日、西原町出身のFW上原慎也36が今季限りで引退すると発表した。
坂田FC、西原中、西原高、沖縄大を経て北海道コンサドーレ札幌に入った。9年間プレーした後に愛媛FCの1年間を経て琉球にはJ2昇格後の4年間在籍した。空中戦の強さを武器にJ1とJ2リーグ、カップ戦を含め計306試合に出場し36得点を挙げた。
プロ14年間を振り返り、「とても幸せであっという間の時間でした。苦しい時もありましたが、いつも熱い応援をしてくれるファン、サポーターの皆さま。北海道コンサドーレ札幌、愛媛 FC、FC琉球。いつも最高なチームメートに助けられてきました」とコメントし、周囲や家族の支えにも感謝した。
今後については「FC琉球にフロントスタッフとして携わりながらJ2、J1昇格に向けてチームを助けていきたい」と抱負を語った。タピック県総ひやごんスタジアムで19日に引退会見が開かれる。
FC琉球の上原慎也が引退 札幌や琉球などプロ14年で306試…の画像はこちら >>

上原慎也

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする