なんてデザインだ!! 羽田空港に「ライオンの顔」が描かれた旅客機飛来…でもなぜ? 日本では激レア機!

エンブラエル機らしからぬ“デカさ”もポイントです。
羽田空港に2022年11月13日より、メカメカしく「ライオン」の顔を機首に描いた旅客機が飛来しています。ブラジルの航空機メーカー、エンブラエルが製造する新鋭旅客機「E2-195」の特別塗装機「TechLion(テックライオン。機番はPR-ZIQ)」です。同機が羽田に来るのは、今回が2回目。15日夕刻には、羽田空港発着で、約1時間にわたるデモフライトも実施されています。
なんてデザインだ!! 羽田空港に「ライオンの顔」が描かれた旅…の画像はこちら >>羽田空港を発着するエンブラエルの特別塗装機「テックライオン」(2022年11月15日、乗りものニュース編集部撮影)。
エンブラエルE2-195は、国内ではJAL(日本航空)やFDA(フジドリームエアラインズ)などが導入しているリージョナル・ジェット「E-Jet」シリーズにおける最新派生型「E2」シリーズのひとつです。E2-195は全長41.5mと、歴代「E-Jet」のなかでも最大の胴体長を持ち、標準座席数120席~146席を配することができます。
エンブラエルでは、「E2」シリーズを構成するデモ機たちに「プロフィット・ハンター」という愛称をつけ、各機に「メカメカしく獰猛なイメージの動物の顔を機首に描く」特別塗装を施しています。これは、E2シリーズが、顧客である航空会社に多くの利益(プロフィット)を生み出す性能をもつ旅客機であるというアピールポイントを示したものとされています。羽田に飛来した「テックライオン」もこのうちの1機です。
今回E2-195は、航空会社などの関係者に対し、同型機をアピールするためのアジア太平洋地域ツアーの一環で日本に飛来しました。同型機は、海外ではすでに運用が開始されているものの、まだ国内では導入がありません。エンブラエルは今後20年における日本国内の市場予測について、150席以下の旅客機の新規納入需要が約120機発生する可能性があるとしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする