激目立ち!! ついに「緑のANA機」国内線へ! 2号機が”らしい形で”定期便就航 担当機はどう決めた?

搭載燃料にもだいぶこだわっています。
ANA(全日空)が2022年11月14日から、特別塗装機「ANA Green Jet(ANAグリーンジェット)」2号機(機番:JA874A)を就航させます。同日12時半ごろ、投入初便となる福岡行きNH253便が237人の旅客を乗せ、羽田空港を出発しました。
激目立ち!! ついに「緑のANA機」国内線へ! 2号機が”ら…の画像はこちら >>羽田空港を出発する「ANAグリーンジェット」2号機(2022年11月14日、乗りものニュース編集部撮影)。
「ANAグリーンジェット」は、ANAグループが持続可能な社会の実現と企業価値向上を目指し立ち上げたプロジェクト「ANA Future Promise」の取り組みをアピールするもの。通常2色のブルーが入った尾翼デザインをトレードマークとするANA機のなかで、2色の緑の尾翼をまとう異色のデザインを最大の特徴とします。また、尾翼だけではなく、胴体にANAのコーポレートカラーである青、左側には葉をモチーフとしたライン、右側に水をモチーフとしたラインが描かれており、左右非対称のデザインがあしらわれています。
同社では「ANAグリーンジェット」の初号機「JA871A」を10月に投入。初号機はボーイング787のロングボディタイプ、787-9が用いられており、欧米線を始めとする長距離国際線を担当します。一方今回就航した2号機は、標準タイプで初号機より胴体が短い787-8が担当。240席(プレミアムクラス42席、普通席198席)を配する「78M」仕様で、今後は国内線を担当する予定です。

「ANAグリーンジェット」の外装には、国内航空会社では初めて、「サメ肌効果」によりCO2排出量の削減が期待される“リブレット技術”を用いたフィルムを機体の数か所に貼り付け。座席のヘッドレストカバーには、世界の航空会社に先がけ「ヴィーガンレザー(植物由来の成分を使用した人工皮革)」を使用したものを導入しています。また、搭乗・降機時のBGMには、自然を想像できる特別なものを採用。機内の照明も、緑系統のオリジナルカラーのものが導入されています。
今回就航した「ANAグリーンジェット」の初便では、胴体右側に描かれている「”SAF” Flight Initiative」のロゴメッセージにも示された、「SAF」が用いられました。
これは持続可能な航空燃料というもので、化石燃料以外を原料として用いられているのが特徴です。SAFは、たとえば動植物油脂や廃食油、都市ゴミなどを原料に製造。従来の燃料と同等のクオリティや規格を維持しながらも、原料がエコなぶん、二酸化炭素排出量の削減効果が加わります。
今回用いられたSAFは羽田~福岡線の10%強となる1000L。ANAによると、この便は、国内線定期便で初めて、商業規模で生産されたSAFを使用したものとなったそうです。
Large 02
羽田空港を出発する「ANAグリーンジェット」2号機(2022年11月14日、乗りものニュース編集部撮影)。

「ANAグリーンジェット」塗装をまとったボーイング787は、ANAが開発の後ろ盾となる初期発注者「ローンチカスタマー」として開発。低燃費など環境へ優しいというところもセールスポイントとする旅客機です。担当者によると「ANAグリーンジェット」は、「最初から787(をグリーンジェット塗装にする)というのは決めていました」と話します。先述の2機が選ばれたのは、「整備パターンなどを見て判断したもので、塗装塗り直しのタイミングで特別塗装をまとうのが、環境負荷の観点から一番良いと判断したため」とのことでした。
ANAではこの「ANAグリーンジェット」2機を国内・国際の両路線で、中長期的にこの塗装をまとった状態で運用するとのこと。担当者によると、「この特別機でサステナブルを先端技術を実証しそこで問題がなければ、違う機材でも変換し、取り組みを進めていく」としています。同社では今後も、機内サービスや運航オペレーションの面で、さまざまなサステナブルな取り組みを進めていくとしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする