見えましたか?皆既月食・天王星食の天体ショー 次の皆既月食は2025年9月8日

見えましたか?皆既月食・天王星食の天体ショー 次の皆既月食は…の画像はこちら >>
きのう8日(火)夜は、皆既月食と天王星食が同時に見られる珍しい天文現象が夜空を彩りました。皆さんのお住まいの地域では見られましたか?
442年ぶりの珍しい天体ショー

きのう8日(火)夜は皆既月食でした。日本で皆既月食の最中に惑星食が起こったのは1580年(土星食)以来、442年ぶりで、とても珍しい天体ショーとなりました。天体望遠鏡などを使って観測したり、写真撮影にトライされた方も多かったのではないでしょうか?写真で振り返ってみていきます。
部分食の始まり

きのう8日(火)夜は、広い範囲で晴れて、観測には良い条件となりました。東の空に月がのぼって、満月の状態から部分月食の始まりを見届けるために、待機されていた方も多かったようです。午後6時9分頃から月が欠け始めました

部分月食が終わりに近づく頃、皆既食の始まりにあたり、月の色がどのように変化するのか、わくわくしました。
皆既月食

午後7時16分頃に皆既食となりました。広い範囲で赤銅色(しゃくどういろ)と言われる赤黒い色になった月を見ることができました。普段と違う色に月に感激された方も多かったのではないでしょうか。

皆既食は86分間続いて、午後8時42分に終わり、その後は徐々に月は地球の影から抜けて、午後9時49分に部分食が終わりました。北海道で薄雲がかかった時間はあったという情報もありましたが、それも一時的でしっかり皆既月食まで観測できたようです。
次回の皆既月食は3年後

満月が地球の影にすっぽり隠れる様子を、部分食から皆既食の終わりまでしっかり見届けた方も多かったのではないでしょうか。また、今回は、皆既月食中の天王星食も観測ができました。月が惑星の手前を通る惑星食と皆既月食とのコラボを、次に日本で見られるのは次は322年後になります。また、次に皆既月食が日本で見られるのは2025年9月8日となります。また、その時を心待ちにして、今夜も夜空を見上げてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする