442年ぶりの天体ショー 新潟でも見えた”皆既月食”と”惑星食” 神秘的な姿に魅了【新潟】

8日夜、新潟市でも皆既月食と惑星食が見られました。日本で同時に見られるのは実に442年ぶり。多くの人たちが世紀の天体ショーを楽しみました。

神秘的に輝く赤い月。8日夜、太陽、地球、月が一直線に並ぶことで月が地球の影に隠れる皆既月食が見られました。

こうした中、新潟市中央区では…

【山中アナウンサー】
「県立自然科学館です。ここで行われているのが月食の観望会です。集まっている多くの方が月を見上げています」

県立自然科学館が午後6時から8時半まで開催した観望会には市内・市外から約100人が集まりました。

【子ども】
「わあ、すごい、かけてる~」

午後6時9分ごろから月が地球の影に隠れ始めると次第に月が欠けていき…

【山中アナウンサー】
「午後7時16分になりました。月の黄色い部分がなくなり赤黒い月になりました。普段の月と違って神秘的です」

月が全て隠れ、赤黒い赤銅色に染まる皆既食は約1時間半も続き、新潟市からも確認することができました。

また、
8日は442年ぶりに日本で皆既月食とともに惑星食が同時に見られる貴重な天体ショーに。

皆既月食中に天王星が月に隠れていき、訪れた人たちは望遠鏡を覗いたり夜空を見上げたりして神秘的な夜を楽しみました。

【子ども】
「黄色から赤に変わった」
「図鑑やインターネットを使って皆既月食の仕組みを調べて来ました。月が赤くなるのは本当だったし、地球の丸さから影が分かりました」
「望遠鏡で生まれて初めて皆既月食を見られてとても嬉しかったです」
「色が違ったり形もどんどん欠けて赤い月に戻ったのですごいと思った」

【母親】
「なかなか見られない珍しい機会なので、家族そろって来られたことが嬉しかったですし、子どもが興味を持ってくれて嬉しく思います」

次に日本で皆既月食が見られるのは3年後の3月14日の予定です。

(画像提供:新潟県立自然科学館)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする