「ミカンを分けてください」と言われた農家 返ってきた言葉に「驚きの図々しさ」「信じられない…」

どの職業も、それぞれ異なるスキルが必要となるもの。人々は仕事をしながらスキルをみがき、対価としてお金をもらっています。
しかし残念なことに、中にはスキルの価値を理解していなかったり、他人の仕事を軽視していたりする人も。
そういった人は、なんの悪意もなくこんな提案をするのです。「タダでやって」…と。
自身が経験した信じがたい出来事をTwitterに投稿したのは、和歌山県で果物農家を営んでいる、まーくん(@masaki0530122)さん。
ある日、ミカンの収穫に勤しんでいたところ、通りすがりの人から声をかけられたといいます。
不思議に思ったまーくんさんが近寄ると、「ミカンを分けてくれませんか?」と突然の申し出をした、通りすがりの人。
いわずもがな、収穫しているミカンは売り物として出荷される品です。まーくんさんがミカンの金額を伝えたところ、相手はこういいました。
「え?こんなにたくさんあるのに、無料でもらえないんですか!?ケチですね」
みかんの収穫中、「すいませーん」と声が聞こえた。何やろ?と近づくと、通りがかりの人がいた。「みかん分けて貰えませんか?」と言われ、金額を伝えると「こんなにいっぱいあるのに、無料でもらえないんですか!?」そして、捨て台詞のように「ケチですね」って…。言い方もやけど、モラルがな…。
予想外の反応や、捨て台詞のようなひと言に、あっけにとられてしまった、まーくんさん。
通りすがりの人と楽しい会話を交わすこともある一方で、こういったモラルのない申し出をする人や、不審な業者と思われる人が近付いてくることもあるといいます。
もしかすると、今回の通りすがりの人は、売り物として出荷できない規格外品をもらおうとしていたのかもしれません。
しかし、いくら規格外品でも、無料で他人に与えれば商品そのものの価値を落とすことになったり、業界全体の売り上げに影響を及ぼしたりする可能性も。
何より、人が働いて作ったものを無料で要求することは、相手の仕事やスキルを軽んじるも同然であり、モラルに欠ける行為といえるでしょう。
まーくんさんのエピソードは拡散され、多くの人がさまざまな意見を寄せました。
・驚きの図々しさだけど、こういうのって本当にいるんだよね…。
・信じられない…。同じ人間として恥ずかしくなるレベル。
・いやいや、無料でもらおうとするほうがケチだろ!モラルが低すぎる。
こういったケースに限らず、ネット上では「私生活で、仕事のスキルを『無料でやって』といわれた」という体験談がたびたび話題になります。
「お金を払うということは、他人の仕事の価値を認めること」という考えが広まってほしいですね。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする