朝食で肉まんを食べようとした女性 レンジから取り出すと「笑撃の展開」が待っていた

忙しい朝は何かとミスをしがちになってしまう。今ツイッター上では、朝食で肉まんを食べようとした女性が体験した「笑撃の展開」が話題になっているのをご存知だろうか。
【話題のツイート】これは目が覚めてしまう
朝食で肉まんを食べようとした女性 レンジから取り出すと「笑撃…の画像はこちら >>
「肉まんレンチンし過ぎてヌーブラみたいになっちゃったウマ…」とコメントを添え、1枚の写真を投稿したのはツイッターユーザーの田中さん。皿の上には肉まんとは思えない見た目の何かが鎮座しているのだ…。たしかにヌーブラに見えなくもない。

横から見てみると、ふかふかなはずの肉まんが餃子のようになっているのだ。ここまで変わり果てた姿になってしまうとは…レンジで何分間温めたのかが気になってしまうところ。味は変わるのだろうか。
関連記事:マツコ、肉が食べたい妻に肉まんを用意した夫に呆れ 「改心した方がいい」
田中さんの投稿にネットでは、「電車で吹いた」「餃子の皮の変異種かと思ったらまさかの肉まんw」「寝起きにこれみてツボった」といった具合に、思わず笑ってしまったという人からの声が続出。
他には、「私もまさに昨日コレをやってしまったところ」「前にやったことあります。電子レンジから『キューーー』という肉まんの断末魔が聞こえました」など、同じ経験をしたというコメントも多く見られた。
肉まんレンチンし過ぎてヌーブラみたいになっちゃったウマ…ヒヒン…泣 pic.twitter.com/o9EXRUpFeC
田中です (@uma_tanaca) October 26, 2022
今回の投稿は、わずか数日で5万件を超えるいいねを獲得。大きな話題になったヌーブラのような肉まん、失敗した経緯を詳しく聞いてみると、「いつも1分弱のところ、寝ぼけていたのか5分設定で温めてしまいました。それが原因かと思います」と語る田中さん。こういったミスは多いそうで、「またやってしまったか…」とがっかりしたものの、すぐにツイートしようと前を向いたという。
気になる人も多いであろう、変わり果てた肉まんの味については、肉まんの煎餅みたいな食感でおいしかったそうだ。
これから冬を迎えるにあたって、自宅で肉まんを食べる人も増えることだろう。
そこで記者は、中華まんの主要メーカーでもある井村屋に、肉まんを温める時にやってはいけないことを問い合わせてみると、「ラップにかけず裸でレンジにかけることと、『あたため自動ボタン』を使用することです。自動にすると推奨する加熱時間よりも長く加熱してしまう可能性があるので、その商品の温め時間をチェックしてください。ちなみに当社のゴールド肉まんですと、温め時間が冷凍100g、600w 1分20秒になっております」との回答。
肉まんをおいしく食べるコツについては、「ラップを使用する場合は、まんじゅうとラップの間に空間を作り、ゆったり巻いて温めます。そして加熱後はすぐに食べずに1分ほど待つことで、予熱によって温まり方が均一になります」と話してくれた。

実際に井村屋の「ゴールド肉まん(2個入り)」で試してみると、ふっくらおいしい肉まんが完成した。
(取材・文/Sirabee 編集部・小野田裕太)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする