押し入った泥棒に住人ら3人が猛反撃 命がけでボコボコにし逮捕に貢献

押し入った泥棒に住人ら3人が猛反撃 命がけでボコボコにし逮捕…の画像はこちら >>
強盗目的でアパートに押し入ったものの、想定外の反撃で完全にねじ伏せられた10代の男。銃も所持していたが人相が変わるまで殴られ犯行に失敗していたことを、『New York Post』などアメリカのメディアが伝えている。
10月27日午前3時25分頃のこと、アメリカ・インディアナ州ココモにあるアパートに、スキー用フェイスマスクをつけたマレル・タイラー容疑者(18)が侵入。住人たちに銃口を向けて脅した上で、金目の物を物色して盗むつもりだった。
そのときアパートにいた男性3人は突然の出来事に驚いたが、反撃しようと決心し、命がけで立ち向かった。
関連記事:アパート住人が「出産おめでとう」のメモを玄関に… 嫌味だらけの文面に母親が唖然
男性たちはタイラー容疑者に飛びかかり、まずは銃を手から叩き落とすことに成功。続いて容疑者を押さえつけ、動きを封じようとした。
だが容疑者もなかなか諦めず、隠し持っていた別の銃を取り出して発砲。銃弾は誰にも命中せず、住人のうち1名は自分たちを守るために銃を手に。その銃口を容疑者に向け、抵抗しないよう命じた。
通報を受けた警官隊が現場に急行し、タイラー容疑者の身柄を確保。住人たちも顔面に怪我を負っていたが、治療を早急に受ける必要があったのは、凄まじい反撃でボコボコに殴られた容疑者だけだった。
試合後のボクサーのごとく顔が腫れ上がり流血していた容疑者は、病院で手当を受けた後、署に連行された。

逮捕に貢献した男性たちの勇気を多くの人が褒め称え、「本当に良いニュース」とインターネットに書き込んでいる。しかし侵入者に反撃するリスクは、あまりにも高い。
外に出て助けを呼ぶことができれば一番良いが、それが無理な場合は、凶器になりそうな物をこっそり持って襲撃に備えること、また相手が接近してきたら、股間を思い切り蹴りあげてダメージを与えることを意識しておくほうがいいそうだ。
自衛の方法については、インターネットでも簡単に検索できる。自宅のセキュリティが十分かどうかも、十分に確認しておきたい。
(文/Sirabee 編集部・マローン 小原)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする