39歳男、警察官に尿をかけ木刀で殴り逮捕「男が隣の家の塀を壊した」通報受け捜査中だった

静岡県静岡市葵区で、警察官に尿をかけたうえ木刀で盾を殴ったとして、39歳職業不詳の男が公務執行妨害の疑いで逮捕された。

男は10月31日午後10時頃、「男が隣の家の塀を壊した」という通報を受けて周辺を捜査していた警察官3人に対し、瓶に入れた尿をかけたうえ、警察官が持っていた盾を木刀で殴る。まもなく公務執行妨害の現行犯で逮捕された。現在のところ、男の認否は明らかになっていないが、実際に警察官が被害を受けており、行動は事実である可能性が極めて高い。

>>41歳ラーメン店経営者男、居酒屋の会計時に揉めて大暴れし逮捕<< 隣家の塀を壊したうえ、駆けつけた警察官にあらかじめ用意していたものと見られる瓶に入った尿をかけ、さらに木刀を振り回して盾を殴りつけるとは驚きである。この男が近隣に迷惑をかけ続けている可能性もゼロではないだろう。 驚愕の事件に、ネット上では「警察官がかわいそう。盾を持っているということは、かなり凶悪犯という連絡を受けていたのでは」「こんなことをする男が隣に住んでいたら、近所の人たちも困っていることだろう」「世も末だよね。こういう凶暴性を持った人間は、今後何をやらかすかわからない。なんとしないといけないと思う」「適切な治療が必要でしょう。こういう人物が医療を受けずにのさばっているのが恐ろしいよ」と驚きの声が上がる。 一方で、「小便を瓶に入れて持っていたということなのだろうか。それも異常では?」「小便を瓶に入れ、コレクションしていたということか。絶対に近づきたくない人物」「木刀に小便、警察に攻撃する人間性。ひどすぎるよ」という指摘も出ていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする