佐渡に「えひめ」じゃ… 佐渡汽船 直江津~小木航路3年ぶりカーフェリーの船名募集 中古船を購入

こんどはあまり揺れないみたいです。
みちのりホールディングスは2022年11月1日(火)、傘下の佐渡汽船が2023年春に導入するカーフェリーの船名について一般募集を開始しました。
佐渡に「えひめ」じゃ… 佐渡汽船 直江津~小木航路3年ぶりカ…の画像はこちら >>宇和島運輸から佐渡汽船に導入された「えひめ」(画像:みちのりホールディングス)。
カーフェリーが投入されるのは、新潟県上越市の直江津港と佐渡の小木港を結ぶ航路です。同航路には2015年に高速双胴船「あかね」が就航したものの、2020年に経営改善などのため売却。それ以前から同航路にはジェットフォイルを運航していましたが、地元からも、クルマを載せられるカーフェリーの導入が求められていました。
そこで、2022年6月に新造船の導入で宇和島運輸から引退した「えひめ」を購入。愛媛県と大分県を結んでいた同船が、新潟の日本海を航行することになりました。直江津~小木航路へのカーフェリー投入は3年ぶりとなります。
船名の募集は11月10日まで、佐渡汽船LINE公式アカウントで受付。応募者には抽選で乗船券などが進呈されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする