きょう23日 熱帯低気圧は台風へ 広く雨 近畿・東海・関東を中心に激しく降る所も

きょう23日 熱帯低気圧は台風へ 広く雨 近畿・東海・関東を…の画像はこちら >>
3連休初日のきょう23日は、熱帯低気圧から変わる台風や、その周辺の湿った空気などの影響で広く雨。道路が冠水するほど激しく降る所も。
熱帯低気圧は台風へ 北日本付近には前線

今朝は、四国や紀伊半島で雨が強まっています。日本の南に熱帯低気圧があり、この北側に広がる発達した雨雲がかかっているためです。熱帯低気圧は次第に台風へと発達し、北上する見込みです。この影響を強く受けるのは、近畿や東海、関東甲信です。さらに、九州など、熱帯低気圧(または台風)から離れた地域にも、雨雲の元となる湿った空気が流れ込むでしょう。また、北日本付近には前線が延びてきて、活動が活発になる見込みです。
23日 各地の天気

●沖縄:おおむね晴れるでしょう。●九州・中国地方:雲の間から日の差すこともありますが、大気の状態は不安定。あちらこちらで雨雲や雷雲が湧くでしょう。急な雨や雷雨に注意が必要です。●四国:朝のうちは高知県と徳島県に活発な雨雲がかかるでしょう。日中から夜にかけても雲が多く、ザッと強い雨の降ることや、雷雨になることもありそうです。●近畿・東海・関東甲信:断続的に雨が降り、雷を伴う所もあるでしょう。特に広範囲で雨脚が強まるのは、近畿は昼前から、東海は午後3時頃から、関東甲信は今夜からで、道路が冠水するような激しい雨の降る恐れがあります。また、沿岸部では風がやや強く吹き、波が高まるでしょう。●北陸・東北・北海道:雨が降ったりやんだりで、降り方の強まることもありそうです。中でも、北海道の南西部では昼頃にかけて局地的に激しい雨が降るでしょう。3連休初日ということもあり外出のご予定の方も多いと思いますが、熱帯低気圧(または台風)の近づく近畿や東海、関東甲信を中心に、大雨によって交通に影響が出る可能性があります。気象情報に加えて、交通情報も十分に確認のうえ、無理のない行動を心がけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする