三連休は大雨に注意 熱帯低気圧が23日にも台風に 東海地方への最接近は24日か(23日午前6時)

熱帯低気圧から変わる、台風の影響で、東海地方は23日から24日にかけて、大雨になる所がある見込みです。気象台が土砂災害などに、注意を呼びかけています。
三連休は大雨に注意 熱帯低気圧が23日にも台風に 東海地方へ…の画像はこちら >>
日本の南の海上にある、熱帯低気圧が、23日には台風に変わって北東方向に進み、24日東海地方に最も接近する見込みです。暖かく湿った空気が流れ込み、東海地方は大気の状態が非常に不安定になっていて、すでに三重県尾鷲市や御浜町では100ミリを超える大雨になっています。
CBC
東海地方は、24日にかけて雷を伴った非常に激しい雨の降るところがあり、24日午後6時までに予想される24時間雨量は、いずれも多いところで、愛知県で150ミリ、岐阜県で100ミリ、三重県で200ミリの予想で、その後のさらに雨量が増える恐れがあります。
CBC
台風の進路や発達の程度によっては警報級の大雨になるおそれがあり、気象台は、土砂災害に警戒するよう呼びかけています。25日以降は、名古屋の予想最高気温は30度と、残暑が戻りそうです。
CBC
熱帯低気圧から変わる台風に伴い、JRの在来線は紀勢線の多気と新宮の間で23日の正午ごろから上下線で運転を見合わせる予定です。また、名古屋駅発着の特急「南紀」は上下あわせて8本が運休です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする