電気の使い方をめぐり激怒、男が元妻と息子を射殺 正当防衛を主張

電気代の値上げが続き、家計をジワジワと圧迫し続けているのは、どの国でも同じだろう。海外では電気の使い方をめぐり殺人事件が発生してしまった。

アメリカ・フロリダ州の住宅で、電気の使い方をめぐり口論となり元妻と息子を射殺したとして、警察がこの住宅に住む男を逮捕した。海外ニュースサイト『Law and Crime』『Wesh』などが、9月20日までに報じた。

>>42歳母親、娘より成績の良い同級生の13歳少年を殺害 家族を偽り毒入りの飲み物を渡す<< 報道によると2022年6月、同州の住宅に住む47歳の男は、10年連れ添った48歳の女性(以下元妻)と離婚したという。2人は持ち家が売れるまで、一緒に暮らすことに。家が売れれば売却金を折半する予定であった。この住宅には、ほかにも28歳の息子が同居していた。息子は元妻の連れ子で、男と血縁関係はない。 男の話によると9月17日夜、男と元妻は、電気の使い方をめぐり口論をしたという。この日、隣町から息子の子ども2人(以下孫、5歳、6歳)が泊まりに来ていた。元妻や息子、孫が家中の電気をつけっぱなしにするので、男は「電気料金が増大する」と元妻を注意した。元妻が反論したため2人は言い争いに。男は、リビングで寝ている男に対する「いやがらせ」と受け取ったという 翌日、男は外にある主電源のブレーカーをオフにして外出。さらにブレーカーボックスに錠をかけたという。男が帰宅すると、家の電気がついており、ブレーカーボックスの錠は壊されていたそうだ。男が家に入ろうとすると、元妻は行く手をさえぎり、家に入らせなかった。 男と元妻が口論しているところに、息子が介入。息子は元妻の味方をしたため、男と殴り合いに。男は持っていた銃で元妻と息子を撃ったそうだ。男は自ら警察に通報。警察が駆けつけると、住宅前の車道に男がいた。玄関先には血まみれの元妻と息子が横たわっており、2人ともその場で死亡が確認された。孫2人は、別の部屋にいて無事であった。 警察は、元妻と息子を射殺したとして、第一級殺人罪で男を逮捕、起訴した。男は容疑を認めているが、「息子と元妻から暴行されて危険を感じた」と正当防衛を主張している。男の保釈は認められていない。裁判は近日中に開かれる予定だ。 このニュースが世界に広がるとネット上では「いやがらせというか、単なる被害妄想」「ブレーカーごと切るなど、子どもじみた仕返し。だから離婚されちゃう」「子どもが遊びに来ている。電気くらい許せ。器の小さい男だ」「電気代高いからな。小言は言いたくもなる」「離婚したのに一緒に住むのは精神衛生上良くない」「いくらムカついても、殺せば自分に返ってくるのに」といった声が上がった。 使わない電気は消してほしいものだが、消してくれないからといって射殺するなど、許されるものではない。男には重い刑罰が予想される。 記事内の引用について Florida Man Murdered His Ex-Wife and Her Adult Son Amid Dispute over Electric Bill: Deputies(Law and Crime)より https://lawandcrime.com/crime/florida-man-murdered-his-ex-wife-and-her-adult-son-amid-dispute-over-electric-bill/ Officials: DeLand man shot, killed ex-wife and her son in front of 2 small children(Wesh)より https://www.wesh.com/article/deland-double-homicide-east-parkway/41279860

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする