きょう23日の服装指数 四国など西の地域は真夏の装いも 北日本は秋服が活躍

きょう23日の服装指数 四国など西の地域は真夏の装いも 北日…の画像はこちら >>
きょう23日の最高気温は、北陸や関東以西は25℃以上の所が多く、湿度も高く、ムシムシ。四国や九州南部など、30℃を超える所も。一方、東北や北海道は昼間も気温があまり上がらず、長袖が活躍。
ムシッとした暑さの所が多い
きょう23日の最高気温は、沖縄や九州から関東、北陸にかけて、平年並みか高い所がほとんど。沖縄や、九州の南部を中心とした地域や四国では30℃を超える所もあり、昼間はノースリーブなど真夏の装いで良さそうです。中国地方も28℃くらいで、少し動くと汗ばむほどでしょう。近畿や東海、関東、北陸は25℃くらいの所が多い見込み。駅など、人の多い所では蒸し暑く感じられそうです。ただ、雨が降るため、外にしばらくいると、少し涼しく感じることもあるでしょう。半袖の上に薄手のシャツを重ねるなど、調節のしやすい服装を心がけてください。東北の日本海側は25℃以上の所が多く、昼間は半袖でも良さそうです。一方、仙台をはじめ東北の太平洋側は23℃くらいの所が多く、北海道は20℃に届かない所がほとんど。雨の影響が加わって、体感温度は下がりそうです。昼間も、長袖のシャツや薄手のジャケットなどが活躍するでしょう。夜は、全国的に極端に冷えることはありませんが、それでも少しヒンヤリ。昼間、汗ばむほどの所でも、夜は薄手のカーディガンなどが役に立ちそうです。なお、服装指数は、朝晩や日中の予想気温からどのような服装が適しているか提案するものです。人により暑さや寒さの感じ方が異なるため、あくまで目安とお考えください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする