本当に住んでみたい「マンガに出てくる街」は? 「コナン」スピンオフのあの街が3位に

エヌ・ティ・ティ・ソルマーレは9月16日、「本当に住んでみたいマンガに出てくる街」ランキングを発表した。調査は8月29日~30日、同社運営の電子コミック配信サイト「コミックシーモア」にて、同会員を対象にインターネットで行われ、4,175名から有効回答を得た。

本当に住んでみたいと思うマンガに登場する街を聞いたところ、「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」(講談社)に登場する「東京・吉祥寺」が1,495票を獲得し、2位に500票以上の差をつけ、堂々の1位に輝いた。

同作品は、吉祥寺で不動産を営む重田双子(しげたツインズ)が、吉祥寺に住んでみたい人々に、“吉祥寺以外”の街を紹介する街ぶらラブな不動産マンガ。「東京・吉祥寺」を選んだ理由を聞くと、「実際に住んでみて重田双子とすれちがってみたい」「重田不動産で部屋探しをしたい」といった回答が多かったほか、「吉祥寺はあこがれの街」など、実際の吉祥寺のイメージも後押ししていることがうかがえた。

続く2位は、「凪のお暇」(秋田書店)に登場する「東京・立川市」(976票)。同作品は、場の空気を読みすぎて他人にあわせて無理した結果、過呼吸で倒れた大島凪が、仕事もやめて引っ越して、彼氏からも逃げ出して、元手100万で人生リセットするというコメディマンガ。「東京・立川市」を選んだ理由を伺うと、「物語のようにゆっくりと過ごしてみたいから」「マンガを見て人との繋がりがあっていいなぁと思いました」などの声が。

続いて、「名探偵コナン・名探偵コナン 犯人の犯沢さん」(小学館)に登場する「米花町」(915票)が、僅差で3位にランクイン。「名探偵コナン」のスピンオフ作品で、世界トップレベルの事件数が発生する犯罪都市「米花町」に降り立った、名探偵コナンに登場するあの”犯人”(犯人の犯沢さん)が主役のクリミナル・ギャグ作品だ。そんな「米花町」を選んだ理由として、「毎日事件が起こるハラハラした日常を体験してみたい」「ある意味必死に毎日を楽しく過ごせそう」「モブとして(米花町で起こる事件を)みつめたい」といった声が寄せられた。

そのほか(50音順)、高華王国「暁のヨナ」(白泉社)、現代の吉原「十億のアレ。~吉原いちの花魁~」(ソルマーレ編集部)、パラディ島「進撃の巨人」(講談社)、中世イングランド「薔薇王の葬列」(秋田書店)、クリスタル・トーキョー「美少女戦士セーラームーン」(講談社)、18世紀・フランス「ベルサイユのばら」(フェアベル)などの街があがった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする